涙なくしては飲めない!ネロの名を冠したベルギービール

フランダースの犬

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フランダースの犬をキャラクターに設定したNELLO’S BLONDという名のビール

世界のビール58本目です!

泣かずに飲めるか!フランダースの犬の主人公「ネロ」をラベル、ネーミングに使用しているベルギービールをデパートで見つけてきました!

暗いアニメ代表格でもある「フランダースの犬」その主人公のネロとパトラッシュをラベルデザインに。ネーミングにネロブロンドとしたビールを飲んでみました。このビールを飲むとルーベンスの絵画の前で眠たくなること必至です!「パトラッシュ、、、僕はもう疲れたんだ、、、」極度に疲労しているときに飲んではいけないビールなのかもしれません。

醸造所はベルギーの首都ブリュッセルから真北に50~60キロ行ったアントウェルペンという町の近くにあるみたいですね。フランダースの犬でネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスのキリストの絵ですが、その絵を描いたルーベンスの家という場所がアントウェルペンにあるみたいです。また、劇中であったアントワープ大聖堂があるのも同所です。ルーベンスといえばちょっと前に試飲した「アダムとイヴ」というエロいラベルがルーベンス作をモチーフにしていましたね。フランダースの犬は現地では日本ほど有名ではなく、あまり知られていないようですが、日本での人気?知名度があることを知ったベルギーでは銅像など造ったそうです。

それにしてもこんなビールよく見つけてくるなぁ。池光エンタープライズさんには脱帽ですよ。

アーレント醸造所web site

アーレント醸造所の所在地

ということで瓶の全体像です。

フランダースの犬

問題のラベルです。フランダースの犬でのネロは15歳設定らしいです。両親がおらず、寝たきりの祖父とパトラッシュとの三人(一犬)暮らし。ミルクの運搬作業等で生計を立てていたそうです、ってフランダースの犬のwiki見てて涙が出てきた(*´ω`*)涙腺のゆるくなったお年頃の管理人です。何が問題って日本のアニメとは大違いの絵ですよね。やはり舶来の物語なんですねぇ。ネロは貧しかったから細身ですよね。パトラッシュはゴールデンレトリーバーっぽいです。

フランダースの犬

今回の王冠です。露出が暗くて大変申し訳ありません。恐らく消費期限がプリントされているのだと思います。

フランダースの犬

グラスに注いでみました。やや濁りの金色のビールです。原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は7パーセント。

フランダースの犬

泡持ちは良いほうでキメ細やかです。小麦麦芽なのかな?

それでは試飲です、、、

フランダースの犬

こ、これは、、、

なかなかいけるじゃないですか?ハーブ関連で小細工していないのも好感が持てます。ちょっと苦めですね。久しぶりにから揚げに合うビールを飲んだのかもw

ということで今回の星ですが、、、

★★★★☆

星四つです~。お薦め~。

癒しの陸亀

よかったら「いいね」お願いします!
涙なくしては飲めない!ネロの名を冠したベルギービール
この記事をお届けした
癒しの陸亀 リクガメの飼い方の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク