CULLMANNのSYDNEY pro Action 300

カメラバッグ

CULLMANNのSYDNEY pro Action 300の紹介

小さいカメラバッグ、というかポーチの部類なのでしょうか?

カメラだけを持ち運びたい時には便利なポーチの紹介です。普通のカメラバッグってカメラ本体・レンズ数本・その他が入るように設計されているのですが、今回のは標準ズームを取り付けた一眼レフ機一台のみが入れられるポーチとなります。

cullmann

ビックカメラで色々悩みました。本当に要るのか?カメラは入るのか?などなど、、、。

cullmann

でも、結局買いました。ポイントで。

cullmann

上部の蓋はダブルファスナーで開きます。そうすると、メディアを入れるポケットが二箇所。メッシュ加工で透明になっているポケットが一箇所現れます。

NIKONのD7100と標準ズームである16-85を取り付けて入れるとこんな感じで収まります。殆ど余裕はなくなりますね。スマートフォンのASUS Zenfone5を入れられる位の余裕はあります。後は、ポケットティッシュくらいでしょうかね。

cullmann

両サイドにはポケットがありますが、薄いので入れるとしたらパカパカ系のガラケー、ポケットティッシュ、ハンカチ、スイカなどの交通系カードでしょうか。

cullmann

ショルダータイプなのですが、ベルトに通すようにもなっております。背面はメッシュになっていて、ぴったりと張り付いて汗が滲むことも少ないでしょう。まぁ、ベルトの部分だけなので滲まないか、、、。

cullmann

ショルダーはしっかりとしたナイロン系のベルトでパッドもあり、長時間でも肩は痛くならないと思います。パッドの部分は固定されていないので、ずれることは多々ありますけどね。また、本体とショルダーベルトの連結部分は金属製で安心できると思います。

ちゃんとレインカバーがあります。最初は気がつかなかったのですが、販売価格5~6千円するだけありますね。

cullmann

レインカバーを被せてみました。ショルダーベルトの部分は切れ込みがあり、突然の雨でも機材を守ってくれそうです。

cullmann

cullmann website

カメラポーチについて

買ってから思ったのですが、標準ズームを取り付けたカメラしか入りません。当たり前ですけど、、、。今日はこれだけ!という日にしか使わないと思います。また、小旅行で、ちょっとカメラを持ち出したい時に、このカメラポーチに入れて出かけられるという事も出来そうですね。その場合、普段使っているカメラバッグ+カメラポーチを持っていかないとダメなんですけど、、、。車で移動する場合は荷物の制約があまりなさそうなので、そういう場面で活躍できるかな?

終わりに

様々なカメラバッグメーカーから出されているカメラポーチですが、実際に機材を入れるなどのテストをしてからご購入して下さい。買ってはみたものの、入らないじゃん!という事があるかもしれません。管理人はビックカメラを数店舗さがしてCULLMANNのSYDNEY pro Action 300をチョイスしましたが、有名どころではロープロ、ヴァンガード、タムラック等からも数種類出ております。

癒しの陸亀

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする