ロープロクラシファイド160AW

camera-lens

ロープロクラシファイド160AW

管理人の使っているカメラバッグ

管理人はカメラを使う仕事をしています。とりわけNIKON製のカメラを好み、これまで様々なNIKON製のカメラを買ってきました。その中ではFE10やF90XS、F60等も使ってきました。途中ではPENTAXも使いましたが、結局はNIKONに戻ってきて、現在はD90とコンパクトカメラのP5100を使用しています。

カメラといえばカメラバッグ。カメラバッグに関しては中々おしゃれなのが無いのが実情です。最近では年をとったせいなのか?いかにもカメラバッグの方が使いやすくて良いのかな?とも感じてきています。これは長年の経験なのかも知れませんが、結局は実用を求めるものであって、おしゃれを求めるものでは無いんじゃないかと思うからです。

カメラバッグもかなり浮気してきた方で、最初はDOMKEを数種類、その後バイクツーリング用にロープロを買ったりしてきました。結局は今回ご紹介するロープロのクラシファイド160AWを使っているのですが、カメラを保護する機能は抜群であり、使い勝手も良好です。

今回、2012年8月に池袋のビックカメラ・カメラ館で購入。ポイントなどを駆使し、2万円以下で購入できました。写真はトビ気味ですが、お許しください<(_ _)>

lowepro

カメラバッグは普通のバッグとは構造が変わっております。蓋のようになっている部分を開けてもカメラにはアクセスできません。透明のポケットは記者証等を入れるのでしょうか?

lowepro

このクラシファイドAWシリーズは上部に設けられているジッパーを開閉するとカメラを収納する部分にアクセスできます。上位の物であるだけにカメラを包む部分はしっかりとしております。また、一部皮革を使用しており、プレミアム感が漂います(笑)

lowepro

蓋の部分を開けたら二つのポケットが現れます。両方とも容量に関しては普通ですが、iPadなら入ると思います。もう一つのポケットにはペンが二本、手帳やPDA等が収納できるように工夫してあります。

lowepro

カメラの収納部分には、デジタルカメラの液晶部分を保護するための布が引き出せるようになっています。この布の部分は取り外せるようにマジックテープで付いています。自分の使用するNIKON D90は液晶カバーが付いておりますので、この布は使っておりません。

lowepro

このカメラバッグを買った理由は、NIKON D90にシグマの50-150を取り付けたまま入れられるのが前提でした。フードも順付けでOKです。NIKON純正の70-200も取り付けたまま入れられると思います。勿論フードははずさないと駄目そうです。

lowepro

蓋の部分に付いているLoweproの刻印。ここにはロープロのコンパクトカメラ用のケースが取り付けられるようになっています。

lowepro

微妙な位置に、微妙な大きさのポケット。ペンや小型の懐中電灯なら入れられるかな。

lowepro

NIKON D90なら余裕ですが、マルチパワーバッテリーパック装着時や上位機種のD2、D3、D4を縦に入れるにはきついかも知れません。そこで微妙に容量を増やせるようにジッパーを開けると多少は入れやすくなります。

lowepro

ロープロの上位機種ならでは。メモリーカードケースが標準で付いています。ストラップでバッグに固定でき、落とす心配もありません。本当ならジッパー式が良かったのですが、クラシファイドシリーズはマジックテープ式。内部はオレンジとブラックで色分けされており、使用済み、使用前、と分けられるようになっております。

lowepro

バッグ背面にはジッパーの付いたポケットがあります。きついのですが、新聞やメモ、ガイドブック等は入ります。

lowepro

ロープロといえばオールウェザーカバー。被せてみた。

lowepro

あっ!やぶけてんじゃん!と思ったら、ストラップを通す切れ込み。一応、微妙に裏側から補強してありました。さすがロープロ。

lowepro

何故だか分からないが、ストラップの滑り止めのゴムがポロポロと取れてくる。白いシャツを着ているときなんか、分かりやすい。購入してから一月も経たないで、これではちょっと、、、という事で発売元のハクバにメール。すぐに取り替えてくれたが、すぐにポロポロと取れてきてしまう。これは下地とゴムの吸着力が悪いのか?すぐにメールしたら、今度は別機種のストラップに交換するというので来たのがこれ。

lowepro

これがポロポロと取れてきたストラップ。元々が硬いので、どうしても皺になってしまう。そこからどんどん剥がれてくる。でもハクバさんの迅速な対応で問題は解決?

lowepro

以上でロープロのクラシファイド160AWの紹介は終わりです。D90に70-200のレンズを取り付けたまま収納可能で、他に標準ズーム(18-200 VR)と35m f1.8位なら一緒に仕舞う事が可能です。また前面のポケットには予備のバッテリーや小型のスピードライトなら詰め込む事が出来ると思います。欲を言えば、サイドに伸縮式のボトルホルダーが欲しい所ですが、これは今が夏場だからなのかも知れませんね^^ ロープロのシステム「スリップロック」で拡張できますし(格好悪くなるけど)、本来、そんなに撮影にも出掛けないので、大丈夫かな。何より、DOMKEの貧弱な保護性能とは比べ物にならないくらいの丈夫な作りがいいですね。

DOMKEは味があって良いのですが、カメラやレンズの保護はちょっと、、、という感じでしたので。 また、自分が使っていたF-3Xは蓋がキチンと閉まらないので、小物が飛び出してしまうんじゃないかと思います。今度のクラシファイドはジッパーでキチンと閉まりますので、そういう心配は皆無ですね。今はD90とCOOLPIX P5100だけなので、これで十分ですし、スタイリッシュですよね。難点はちょっと重いかな~。後、今気が付いたんだけど、ハンドストラップの部分は金属の板で補強されているのかな?強度の強いプラスティックかも知れませんけど。200AWだと大きい、140AWだと小さい、そういう方にお勧めします。

その他の情報

一度ペンタックスのK-5に変えて、またまたNIKONのD7100を2014年から使っています。なんだかんだいってDOMKEの鞄も愛用してたりします、、、。

管理人ROOMに戻る

癒しの陸亀

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする