東京ゲートブリッジの夜景を撮影しました!

東京ゲートブリッジ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

恐竜に見えますか?東京ゲートブリッジの夜景を撮影しに行ってきました!

東京の最深部?である江東区若洲海浜公園に行って、夜景が恐竜に見えるといわれている「東京ゲートブリッジ」の夜景を撮影をしに行ってきました。

東京ゲートブリッジへは大田区の城南島方面と江東区の夢の島方面からの二通りありますが、管理人は夢の島方面から向いました。若洲海浜公園には若洲公園キャンプ場もあって、日中はバーベキューとかで利用している人が多く、夜は釣りをしている人がとても多いです。

有料の駐車場があるのですが、一回500円で管理人とかはいないので、事前に500円用意して行ったほうがスムーズに駐車場に入れます。駐車場は500台近く停められます。バイクは入口横のスペースから入れるようになっているので無料だと思います。尚、2000円札、5000円札、10000円札は利用できない模様です。(2017年8月現在)利用時間は年中無休で24時間態勢ですw

海上公園ガイドは、東京の海辺にある公園を紹介するポータルサイトです。

管理人が訪れた20時頃は釣りの人が95パーセント、写真撮影の人が2パーセント、観光のカップルが3パーセントという感じでした。殆どが餌釣りの人たちでしたね。何が釣れるのかは分かりませんが、釣れた魚をあてにした野良猫が数多く居た気がします。

それにしても暑い!風がなかったからとても暑かったです。自動販売機はあったですが、ミネラルウォーターは全て売り切れ!ペットボトルのお茶を買いました。自動販売機の補充の際にはミネラルウォーターの数を増やした方がいいと思います!

という事で、釣り人の合間を場所取りして撮影。釣りの方は生き餌を使ってましたね。イソメなのか、ジャリメなのかは分かりませんが結構当たりはあった模様です。

東京ゲートブリッジ

アップで。ピントをマニュアルで設定したのですが、目がかなり悪くなっているのでピント合わせに難儀しましたw

東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジの向こう側は羽田空港です。羽田から旅客機が飛び立つのを確認してから撮影すると、その軌跡を写真に収めることができます。羽田から飛び立つ旅客機の情報は下記から確認できます。飛行機なので、出発時間はあてになりませんが、便数が多いので、撮影する際は何度もチャンスがあると思います。

羽田空港国内線旅客ターミナルのフライト情報のページです。運航状況(国内線)と時刻表(国内線)を掲載。

東京ゲートブリッジ

管理人は航空機の事をすっかり忘れていたのですが、何とか軌跡の一部を納めることができました。でも中途半端ですよね~。最初から最後までの航空機の軌跡を残したかったのですが、レリーズもないですし、今日はこれくらいで。

カメラの設定はiso100で絞りは10~11。シャッタースピードは25秒と30秒です。航空機は飛び立ってから東京ゲートブリッジ付近を旋回して見えなくなるまでは1分以上あります。これを収めようとするとバルブにして目視で確認しながらの撮影がよいと思います。管理人はレリーズを所有していないので、25秒と30秒で撮ったのですが、掲載したような写真になってしまいます。

東京ゲートブリッジ

いや~20時だと真っ暗でした。次回はマジックアワーで晴天の時に訪れたいと思います。その時はもっと綺麗な写真が撮れると思うんですよ~w あと、レリーズですね。

今回の撮影には三脚も勿論必要ですが、手振れ補正を「OFF」にする事も忘れずに行って下さい。管理人はピントも「M」にして不意にズレないようにしました。レリーズがないので、シャッターはセルフタイマーにしてなるべくブレないように気をつけました。

次回は逆のアングルから撮影もしたいなぁ。

癒しの陸亀

よかったら「いいね」お願いします!
東京ゲートブリッジの夜景を撮影しました!
この記事をお届けした
癒しの陸亀 リクガメの飼い方の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク