リクガメはタンポポ(蒲公英)が大好きです

タンポポ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

陸亀はタンポポが大好きでよく食べます

うちで飼育しているロシアリクガメに限らず、多くのリクガメはタンポポが大好きです。

タンポポはキク目キク科タンポポ属の多年生の植物で主にユーラシア大陸に分布しています。自分がよく見かけるタンポポは「セイヨウタンポポ」で黄色い花びらの種類です。

タンポポの種類は多く、60種類位あるそうです。都会で咲いている黄色の花びらは「カントウタンポポ」「セイヨウタンポポ」ですかね。今の季節(04/20)は沢山のタンポポが公園等に生えておりますので、汚染の少なそうな場所を選び、摘んでくる事もあります。

セイヨウタンポポ

「シロバナタンポポ」

シロバナタンポポは仕事で埼玉のとある市に行った時に初めて見た気がします。東京では殆ど黄色い花びらのタンポポが多いですから。摘もうと思ったんですが、珍しいので止めました。

シロバナタンポポ

これはリクガメの餌のページで紹介している写真です。いつもはクンクンと匂いを嗅いでから恐る恐る?食事を始めるのですが、タンポポの時はそういった行動は見られないです。

タンポポ

菜の花が目立っていますが、タンポポを与えているときの写真です。この後、菜の花も食しました。

タンポポ

タンポポは人間も食べる事があるみたいですね。自分は食べたこと無いですが、、、タンポポ茶やタンポポ珈琲、薬草等に使われており、「葉」の部分はサラダに使われたり、「根」を乾燥させた部分を炒って珈琲の代用品にするそうです。

タンポポ

タンポポで英語ではダンディライオンですよね?これは「葉」の部分がライオンの「歯」に似ているとかなんとか、、、との事です。

タンポポ

タンポポの成分

タンポポは食品として扱われているものではないらしく、いつもの成分表はありませんでした。

色々ググってはいるのですが、カロチノイド、テルペノイド、コリン、カリウム塩やタンパク質、糖質、カルシウム、鉄、ビタミンA・B1・B2・C等が含まれているそうです。

「葉」の部分にはタンニン、トリテルペン、タラキセロール、タラキサステロール、ホモタラキサステロール、パラオキシフェノール酸、精油、コリン、アスパラギン、イヌリンなどが含まれている野草です。

ハーブティなど、お茶に利用すると利尿作用があるみたいですね。自分には必要ないか、、、。

癒しの陸亀

よかったら「いいね」お願いします!
リクガメはタンポポ(蒲公英)が大好きです
この記事をお届けした
癒しの陸亀 リクガメの飼い方の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク