今更ながら、プラントロニクスのヘッドセットを購入してみた

m70

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブルートゥースのヘッドセットを購入しました

普段は携帯電話を主な連絡手段としている管理人ですが、サブで格安シムのiPhone5sも使っています。管理人は仕事&プライベートで車両を運転するときがあり、道交法の観点から、運転中はイヤホンマイクやブルートゥースのヘッドセットを使わなくてはいけません。法の遵守は大事です!

という事で、以前はドコモ純正のものを使っていたのですが、どうも耳が痛くなったり、外れやすくなったりと困っていました。それに運転中にそんなに電話なんか掛かってきませんし、、、。

でも、運転中に耳にかけておかないと、イザ電話が掛かってきたときに慌てますし、危ないです。そこで、ヘッドセットで定評のあるプラントロニクス社製のヘッドセットを近所のジョーシン電気で買ってみました。アマゾンとかで買ったほうが安いのですが、すでにビールを飲んでほろ酔いの管理人は勢いに任せて購入。

製品名:プラントロニクス社 M70

m70

ブルートゥースのヘッドセットは国内メーカーからも沢山の種類が出ていますが、今回は海外製品をチョイス。海外製品でもJabraなど有名なところもありますが、ジョーシン電気では数が少なかったのでプラントロニクスのM70に決定。あまり小さすぎないし、色もマットブラックで目立たなそう。

このM70は2014年2月21日発売であり、こういった電気製品の中では長く売られ続けている製品になります。まぁ、買った時は知らなかったんですけど。管理人の買ったモデルはサイドがホワイトバンドでレッドバンドのモデルもありました。管理人的には白が良かったので白を購入。

裏側には技適マークなんでしょうか?色々と書いてあったり、マークが幾つかありますね。ドコモの純正品はカナルタイプのもので、耳に突っ込むタイプでしたが、今回は通常のイヤホンタイプにしました。それと、今までのは耳に引っ掛ける部品がプラスティックのものだったんですが、M70はシリコンタイプでやわらかいです。耳にかけるパーツも同梱されていましたが、現時点では必要ないっぽいので使っていません。

m70

この製品は音声案内があって、英語・日本語・韓国語がインストールされています。まず、最初に耳にかけてから電源オンにすると、全ての言語でセットアップ(ペアリング)の文言を話してくれる親切な設計になっています。

充電はマイクロUSBで行います。満充電は2時間かかるみたいです。充電口には蓋がありません。埃等が入ったら掃除するか、充電口に合うマイクロUSBの蓋を何処かで探してくるしかなさそうですね。

m70

電源オンボタンは商品を正面から見て左側の凸凹をスライド。矢印にあるように緑色の部分が現れます。電源オンにすると日本語で「電源オン・連続通話時間〇〇時間」と教えてくれます。電源オフの時は「電源オフ」と言われます。また、着信があるとコール音ではなく、日本語で教えてくれます。着信に応答した場合も日本語で教えてくれます。

m70

とりあえずスペック的には

  • 連続通話時間 最大約11時間
  • 連続待受時間 最大約16時間
  • バッテリー持続時間 最大約180日間
  • 重量 8グラム
  • マルチポイントテクノロジー 2台までの携帯電話と同時に待ち受けができ、ペアリングされたどちらの携帯電話からも着信応答できます。
  • ワイドバンド より肉声に近い通話を実現できるため、音声の明瞭性が向上します。
  • Bluetoothバージョン Bluetooth V3.0
  • Bluetoothプロファイル A2DP/AVRCP/HFP/HSP
  • 充電端子 マイクロUSB端子
  • 電池タイプ 充電式リチウムイオンポリマー電池(交換不可)
  • 動作温度/保管温度 0~40度
  • 保障期間 1年
  • とまぁ、普通のヘッドセットなのですが、前のものより装着感はいいですし、耳が痛くならない点が気に入りました。この辺は個人差が大きいのでしょうが、付けている事を忘れるくらいの感覚です。こういう製品は壊れやすいと思うので1~2年くらいで買い換える気持ちで使いたいと思います。

    ※製品のユーザーガイドはプラントロニクス社のサイトから案内されていますので、こちらをご覧になってください。尚、外部リンクであり、プラントロニクス社のほうで削除されたり、移動している場合がありますのでご了承ください。

    癒しの陸亀

    よかったら「いいね」お願いします!
    今更ながら、プラントロニクスのヘッドセットを購入してみた
    この記事をお届けした
    癒しの陸亀 リクガメの飼い方の最新ニュース情報を、
    いいねしてチェックしよう!
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク