クレマチスの丘に行ってきました

クレマチスの丘

スポンサーリンク
スポンサーリンク

静岡県にあるクレマチスの丘(3回目)に行ってきました

ども!管理人です。

なんだかwordpressの更新をしたら新しいエディタに替わってて、さっきクラッシクエディタというプラグインをインストールしたのですが不具合があるみたいですねぇ。色々めんどくさいなぁ、、、

ということでクレマチスの丘という意識お高い系の人々が集うとてもお洒落な場所です。基本的には美術館とカフェ、雑貨店、お花屋さん、公園からなる複合施設で構成されていて小高い丘の中腹にあって天気が良ければ(これ大事)気持ちよく過ごせる施設になっております。

東京から行く場合は東名自動車道で「裾野」または「長泉沼津」なんかで一般道に降りるといいと思います。メインはヴァンジ彫刻庭園美術館とベルナールビュフェ美術館で同美術館は少し離れているので天候が悪ければ車、天気が良ければ散策がてら歩いて巡るのも悪くないと思います。

花・アート・食がコンセプトの複合文化施設

ベルナールビュフェ美術館に訪れるのは3回目。1回目は暴風雨。二回目は晴天、今回は曇りのち雨という悪天率の高い訪問です。

クレマチスの丘

同施設はスルガ銀行関係の人物が創設した模様で、芸術家ベルナールビュフェの作品を多く所蔵。時々他の展覧会も同時開催しております。今回の展覧会は「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」というもの。

一度板橋区にある「永遠の穴場」として売り出している「板橋区立美術館」で開催されていたのですが、同行者の強い要望でクレマチスの丘で行われている展覧会に行く事になりました。

※井上靖文学館入口
クレマチスの丘

館内は勿論撮影禁止なのですが、タラブックスの方は他の訪問者の迷惑にならなければ撮影可能ということで、ひと気の少ないポイントで撮影を敢行。

インドの民芸品なのでしょうか?

クレマチスの丘

まぁ、あまり写真は撮らなかったんですけど。

クレマチスの丘

なんだかかわいい人形がありました。子供達が遊びながら学べるスペースでの展示です。

クレマチスの丘

という事で、三島に鰻でも食いに行くか!となった時にその後どうする?っていうシチュエーションになった場合にクレマチスの丘はお薦めです。駐車場はそんなに大きくありませんが、3回とも待つことなく停める事ができましたし、バカみたいに行列ができている事もほぼ無いと思います。ヴァンジ彫刻庭園美術館は屋外で休憩できるスペースも確保されていて時間を忘れてゆったりと過ごす事ができるでしょう。

尚、クレマチスの丘付近は高級住宅街となっていて、羨ましくなること必至ですw

癒やしの陸亀

よかったら「いいね」お願いします!
クレマチスの丘に行ってきました
この記事をお届けした
癒やしの陸亀 リクガメの飼い方の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク