地獄谷野猿公苑-Snow Monkey Parkに行ってきました!

地獄谷野猿公苑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

真夏でしたが地獄谷野猿公苑(Snow Monkey Park)に行ってみました!

前から行ってみたかった!長野県の地獄谷野猿公苑に行ってきました。しかし、残念ながら夏場は温泉に入ることは稀だそうで、温泉に浸かる日本猿の光景はお預けになってしまいました^^

管理人は今回の休日の宿は志賀高原にしていました。前日に予約したので、殆どの宿は満室状態。長野市の日航ホテルは空いていましたが、高原の方が涼しそうっていう安易な発想で志賀高原に、、、。でも、トラブルが発生!

志賀高原のロッジは食事を付けなかったので、チェックイン後に少し部屋で休んでから長野県中野市という初めて聞く土地に向いました。国道403号線~292号線にイオンがあるらしいので、その周りにならなにか食べるところがあるのではないかという下調べもせずに向いました。結局蕎麦屋でそばを食べてイオンで買い物をしてロッジに戻りました。本当はホタル鑑賞でもしようかなって思っていたのですが、帰り道はかなりの霧が発生していて視界が10メートル無いところもありホタル鑑賞は断念しました。ロッジ前の駐車場は満車。150メートル離れた駐車場に停めて、真っ暗な道を少し進んだら、、、。

「キー、ギャッギャギャーキーーー」

何これ?

めちゃ木が揺れていたりして周りを見渡したら猿が喧嘩したりして10匹以上いました。

お猿さんの数え方は日常的には匹でも頭でもいいみたいです。学術的には「頭」を使うみたいです。

やばくね?

ってことで車に一旦引き返し、ロッジ前に駐車して、ロッジの方に

「猿が怖いんでここでいいですか?」

って聞いたら、猿は何もしないし大丈夫だよ。

との返事で再びロッジ裏手の真っ暗な駐車場に。登山用のヘッドライトを持っていたので、それを照らしながら戻りました。

※車で戻った時に撮影
志賀高原の猿

志賀高原の猿

ロッジに張り付いている^^ 小猿など、この写真だけで6匹いらっしゃいます。

志賀高原の猿

都会育ちの管理人は野生の猿を間近で見るのは初めて、、、。真っ暗だし。結局通り過ぎる時は猿達も大人しくしてて普通に帰れました。朝方ロッジの方の話だと、早朝に山へ戻ったそうです。夜に猿がここに来るのは珍しいって言ってたけど、多分しょっちゅう来てるよ^^

そんなこんなで夜は更けていきました。

翌日、待ちに待った?地獄谷野猿公苑に向います。志賀高原から近いので宿泊するなら志賀高原とかが涼しいしお薦めです。雪の時期はやめておいた方がいいですけど。

ということで地獄谷野猿公苑近くの駐車場に停めてから歩いていきます。なんと!無料です。一応係りの方もいらっしゃいますから安心して停められます。係りの方、ご苦労様です。

地獄谷野猿公苑

少し坂道を歩きます。お洒落なカフェもあったりします。そして地獄谷野猿公苑への登山道に到着します。

ここから1,6キロ25分と書かれています。公苑の入場料金はだいぶ先にある所で払います。ここにあるお土産屋さん的なところは普通にお土産屋さんですw

地獄谷野猿公苑

看板によるとカモシカやリス、野鳥が現れるって書いてありますが、何も出ませんでした。

地獄谷野猿公苑

整備された階段はほんのちょっとだけ。すぐに高低差のない登山道になります。

地獄谷野猿公苑

東京で言えば高尾山っぽい登山道に入ります。

地獄谷野猿公苑

緑が気持ちいい。

地獄谷野猿公苑

道標A

地獄谷野猿公苑

道標B

地獄谷野猿公苑

道標C

地獄谷野猿公苑

道標D

地獄谷野猿公苑

道標E

地獄谷野猿公苑

ということで、道標Eが出てきたらもうすぐです。

地獄谷温泉後楽館っていう温泉宿。ここに宿泊出来れば0分で公苑にいけます。っていうか、宿から見えると思います。保証はできないけど。

あと、管理人は初めてでよく調べないで行ったのでこのルートですが、地獄谷渓谷っていう名勝があり、そこにも駐車場があってそこからの方が近いです。

地獄谷野猿公苑

結構急な斜面でした。落石もあると思います。雪の時期は雪崩もあるって書いてありました。

地獄谷野猿公苑

何の木か分からないのですが、クネクネした木が杉かなにかの木に巻きついていました。

地獄谷野猿公苑

早速お猿さんがいました!まだ小猿のようでしたね。

地獄谷野猿公苑

動物園以外で柵無しでこんなに近くに見るのは初めてです。

地獄谷野猿公苑

地獄谷野猿公苑の入口です。大人800円をお支払いし、チケットに書かれている注意事項を読んでから入場します。ここにはお土産、休憩所、トイレ、喫煙所があります。

地獄谷野猿公苑

同施設の屋根にお猿さんがいました。

地獄谷野猿公苑

お猿さんが沢山います。昨日の夜はビビッてましたが、今日は平気ですw

地獄谷野猿公苑

こっちが普通にしていれば猿も普通にしてくれます。

地獄谷野猿公苑

親子なのかな?毛づくろいしていました。

地獄谷野猿公苑

かわいいですね。今年生まれた猿なのかな。

地獄谷野猿公苑

猿って毛づくろい好きですよね。綺麗好きなのかな、、、。

地獄谷野猿公苑

岩の上で。ヒンヤリして気持ちいいのかな。

地獄谷野猿公苑

親子かな?おっぱいを飲んでいる小猿と毛づくろいしている猿と母親なのか。

地獄谷野猿公苑

さぁ、いよいよ猿の入る温泉に到着です!

世界でもココでしか見られない温泉に入る猿。世界中からその光景を見に来ています。実際に管理人が訪れた日も様々なお国の方が来ていました。若い白人女性もお一人様で来てましたよ。

では

でわっ!

さぁ!

ご覧ください!

地獄谷野猿公苑

どうですか!

一匹も温泉に入っていないどころか、周りにもいないんですよ!

でも少し上に一匹いました!

地獄谷野猿公苑

このお猿さんがず~っとここにいるんです。なかなか入らない。

地獄谷野猿公苑

ここは真横に温泉の出るところがあって湯気が出ていました。

地獄谷野猿公苑

こんな感じの所です。

ちょっと現場で粘ることにします。

地獄谷野猿公苑

まぁ、粘った所で、、、。実は温泉に入るのは寒い時期で夏場に入るのは稀だそうです。そうですよね。毛で覆われてて暑いんだし。そして、温泉に入るのは小猿と雌で大人の雄は入らないそうです。

地獄谷野猿公苑

かわいい小猿が沢山。

地獄谷野猿公苑

どんな生き物も子供の頃は可愛いんだよな。管理人もそうだったはずw

地獄谷野猿公苑

落石防止の金網なのか、結構上の方にもいましたね。ここのお猿さんたちは夜になると山に帰るそうで、朝方出勤するみたいに現れるようです。未確認ですが、、、。

地獄谷野猿公苑

普通の猿山に来た雰囲気になってきました。

地獄谷野猿公苑

こんな所で喧嘩してました。

地獄谷野猿公苑

おっ!

温泉の淵にやってきたぞ!

地獄谷野猿公苑

温泉飲みにきただけかな^^

地獄谷野猿公苑

期待は高まります。

地獄谷野猿公苑

他のお猿さんも来ました!

地獄谷野猿公苑

期待が高まりますねぇ!

地獄谷野猿公苑

でも温泉飲みにきているだけかな^^

地獄谷野猿公苑

サル用の温泉にはう〇ちっぽいものが沈んでいるのですが、、、

地獄谷野猿公苑

ゴクゴク飲んでますねぇ。

地獄谷野猿公苑

他のサルも来ました。ちょうど喉が渇いた時間帯なのかな。

地獄谷野猿公苑

温泉は体にいいのでしょうか?

地獄谷野猿公苑

ちょっと大き目のお猿さんも登場。

地獄谷野猿公苑

休憩?

地獄谷野猿公苑

なかなか入らないですねぇ。

地獄谷野猿公苑

毛づくろいはじめた。

地獄谷野猿公苑

おっ!真ん中に来たよ。

地獄谷野猿公苑

おしりがかわいいですね。

地獄谷野猿公苑

まだ毛づくろいしてる、、、。

地獄谷野猿公苑

こっちはまだ飲んでる。

地獄谷野猿公苑

水分補給終了です!

地獄谷野猿公苑

おっ、管理人の前の前に来た。

地獄谷野猿公苑

超目の前です^^

地獄谷野猿公苑

やっぱり入浴風景は見ることは出来ませんでした。他の行き先もあるので同苑から退避しますorz

地獄谷野猿公苑

小猿が遊んでいました。かわいいから人間に囲まれて撮影会が始まってしまって鳴いてましたね。ちょっとかわいそうだったな。

地獄谷野猿公苑

後ろ髪を引かれる思いで離れます。

地獄谷野猿公苑

かわいいです。

地獄谷野猿公苑

餌を与えている様子はなく、野生のままなのかな。

地獄谷野猿公苑

ということで退苑致しました。

地獄谷野猿公苑

出たところに天然記念物の噴泉がありました。

地獄谷温泉

「天然記念物 渋の地獄谷噴泉」です。

地獄谷温泉

殆どが蒸発している感じでした。めちゃ熱いんでしょうね。冬場もみてみたいです。

地獄谷温泉

また冬にくるよ!その時は温泉に浸かってくれ!

地獄谷温泉

温泉での動画も撮影しました。

と、いうことで、残念ながら温泉に浸かる日本猿は見れませんでした。地獄谷野猿公苑「Snow Monkey Park」スノーモンキーパーク。つまり雪の中の猿の公苑ってことですかね?冬の雪の中にまた来たいです。こちらはマイナス10度とかなり低めの気温になるそうなので、一般的な乗用車ではなく、スタッドレス・四輪駆動・チェーンを装備しないと危ないそうです。そして冬の時期の方が訪問者が多いらしいという事でした。今回は近場まで行っていたので寄ってみましたが、やっぱりスノーモンキーって書いてあるくらいなんだから「冬」なんでしょうねぇ。

管理人は車で行きましたが、長野駅、飯山駅、湯田中駅からシャトルバスのようなものがあるみたいです。下記のオフィシャルからご確認下さい。

※地獄谷野猿公苑オフィシャル

地獄谷野猿公苑は、1964年開苑以来、ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所として、温泉に入るサルとして、広く世界中の人々に愛されています。また、多くの研究者や写真家も訪れ、数々の成果を上げています。

帰り道で「インスタ映え」する向日葵畑があり、皆さん車を無理やり停めて撮影してましたw

向日葵

向日葵

癒しの陸亀

よかったら「いいね」お願いします!
地獄谷野猿公苑-Snow Monkey Parkに行ってきました!
この記事をお届けした
癒しの陸亀 リクガメの飼い方の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク