ニコンのフルサイズ用ズームレンズ24-85とは?

ニコンレンズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キットレンズの扱いですが、AF-S24-85は結構いいレンズです

管理人はD750を24-85のレンズ付きで購入しました。当時は価格.comの最安値の店で23万円でしたかね?この時はお金持ちだったんだなぁ、、、その後35mmのレンズを追加しただけで、望遠レンズとか広角ズームとかは持っていません。

最近気がついたんですよね、、、写真って機材じゃないんだって、、、絞りやシャッタースピード、isoの数値、露出補正、ホワイトバランス、測光モード、レンズの焦点距離などこれが合わさってその時の良い写真がSDカードに保存されるのだと。

いまいちテクニックやセンスの無い管理人が高額なカメラを使っても綺麗に写っている程度の写真しか量産してないのかなって感じました。

という長い前置きなのですが、今回はD750にいつも付けっぱなしにしている24-85のキットレンズの記事になります。

「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」という長い名称のレンズです。一応手振れ補正のVR機構が付いています。また、EDレンズが使用されています。

EDレンズは特殊低分散ガラスを用いたレンズで色にじみを良好に補正してくれるそうです。

ニコンのFXフォーマットNIKKORレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」の製品ページ。カメラ、レンズ、アクセサリーなどの製品特長、主な仕様、撮影サンプル、関連製品に関する情報も。

このレンズには11群16枚のレンズが使用されていてEDレンズが1枚、非球面レンズが3枚使われているそうです。勿論fマウントで最短撮影距離は0.38m。重量は465グラム。フィルター径は72mmと今更ここで記さなくてもご存知の方は沢山いるはずです。24-85はキットレンズとして使われて来ましたが、24-120のナノクリレンズもキットレンズとして採用される事になり、後者のほうが人気があったりしました。いまは目立たない存在のレンズになってしまってます。

ご覧のように花形フードが附属しています。

ニコンレンズ

カメラバッグにしまって移動するときはこのようにコンパクトになりますね。黒い筐体に金色の文字、、、おらついてます。

ニコンレンズ

写真では72mmのフィルターを取り付けていますが、絞り羽が見えてますね。また、レンズに反射しているリビングの明かりが青・赤・白・薄い緑色になって写っています。逆光性能はあまりよくなく、そこは新しい24-120のナノクリスタルコーティングのほうが良いのでしょうか?欲しいなぁ。

ニコンレンズ

マウント部。こうやってみるとfマウントって小さいですね。ニコンの新規格ミラーレスのマウントがどうなるのか?早く知りたい管理人です。安めのキットレンズですが、レンズ指標は白いポッチですね。プリントではないです。

ニコンレンズ

作例なんかはないのですが、今まで24-85で撮影した写真です。

※今話題の蔵王のお釜。このお釜付近が隆起しているとか、、、

熊野岳

※浜松町からの夜景。窓にフィルムが貼ってあるので、実際に屋外で撮影したらもっとシャープに写ってくれているはずです。

東京の夜景

軍資金が尽きてしまい望遠レンズや広角ズームが欲しいのですが、いまはこの24-85と35mmで我慢ですw

24-85の標準ズームは標準ズームと言われているだけあって、風景からちょっと寄りたい時に便利な焦点距離です。足ズームを使えばもっと使い勝手は良くなりますしw

ではでは~

癒しの陸亀

よかったら「いいね」お願いします!
ニコンのフルサイズ用ズームレンズ24-85とは?
この記事をお届けした
癒やしの陸亀 リクガメの飼い方の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク